ベビー・キッズ

赤ちゃんと一緒に体のケア!“まるまる育児”を取り入れよう。_PR

Sponsored by 有限会社青葉

第一弾の『トコちゃんベルトで骨盤ケアをはじめよう!』、第二弾の『トコ活で健やかな体づくりを。3つの体操をご紹介!』につづき、第三弾の今回は、赤ちゃんと一緒にできる体のケアをテーマに、有限会社青葉がおすすめする“まるまる育児”をご紹介します。

“まるまる育児”とは

“まるまる育児”とは、赤ちゃんの背中を丸く保つ育て方のこと。赤ちゃんは、背中を丸くした“まるまる姿勢”でお腹の中を過ごします。生まれた後も、お腹の中の環境を再現した“まるまる姿勢”を保ってあげることで、キレイな骨格づくりにつながります。眠るときは“まるまるねんね”を、抱きしめるときは“まるまるだっこ”を取り入れてあげましょう。

まるまる育児の三原則


“まるまる育児”で重要なポイントが3つあります。
➀まるく:背中が首からお尻までなめらかにカーブしている
②ねじらない:頭・おへそ・お尻にかけて体の中心(軸)をねじらない
③のばさない:足はあぐらの形で、手の指はなめられるように

この三原則は、成長に合わせた筋肉や骨格の成長を促します。

“まるまる姿勢”でお腹の中を過ごした赤ちゃんの背骨は、丸いC字型です。生まれた後、しばらくは丸いC字型を保っています。その後、成長にあわせて首と腰にカーブがつき、S字状カーブの背骨ができあがります。

赤ちゃんの骨はまだ柔らかく、成長とともに固くなります。S字状にカーブした背骨は、頭や足から加わる重み・衝撃を受け止め、分散させます。これらを受け止めることで重心をとれるようになるのです。しっかりとS字状のカーブを整えるためにも、新生児期の“まるまる姿勢”を守ることが大切です。

➀肘に赤ちゃんの「首の後ろ」と「膝の裏」をのせます。
②赤ちゃんの手足を体の中心に集めます。
③首がグラグラしないように、しっかりと支えましょう。

優しく包み込むように抱っこしましょう!

・背中が伸びないよう、背中を丸く保った姿勢で寝かせます。
・授乳やおむつ替えのタイミングで左向き→仰向け→右向き…と体位を変えます。
・丸い姿勢はあごが引けてしまうので、必ず首枕を使いましょう。

“まるまる育児”におすすめのアイテム3選


おひなまき」は、お腹の中の環境を再現するおくるみです。お腹と同じ“背中を丸くし、常に何かに触れている状態”をつくってくれます。

よく伸びるメッシュ生地なので、ピッタリと包んでも赤ちゃんは手足を動かすことができます。

巻き方はこちら


赤ちゃん用首枕の「マイピーロネオ」。こちらを使用すると頭の位置が安定し、丸く寝かせても呼吸を妨げません。おふとんやチャイルドシート、ベビーカーなどにも使用可能です。


天使の寝床」は、専用コット+ふとん+おひなシーツ+マイピーロネオのセット商品です。おふとんは、背中部分がくぼんだ形状をしているので、仰向けでも自然と丸い姿勢になれます。赤ちゃんがぐっすり眠れるようにサポートしてくれます。※必ず一式セットした状態でお使いください。

【使用時期の目安】
約2.5kg~約8kg
※ただし、8kgを越えても赤ちゃんが気持ち良く眠っているようであれば、そのまま使い続けても大丈夫!

実際、赤ちゃんは平らなおふとんよりも、背中の丸みを保てるおふとんで寝かせた方が「落ち着いてよく眠る」という研究結果があります。
詳しくはこちら

 

赤ちゃんと一緒に体操で体を整えよう

子育てやお仕事などで忙しい方も気軽に取り組める体操。今回は、赤ちゃんと一緒に楽しみながら体をケアできる体操を紹介します。

赤ちゃんが落ち着く「スクワット抱っこ体操」


赤ちゃんを抱っこしても泣いているときや、反り返ってうまく抱っこができないときにおすすめの体操です!上下にゆっくり揺れることで赤ちゃんの緊張がほぐれ、自然と丸い姿勢になって泣き止んでくれます。また、お母さん・お父さんのお尻回りの筋力アップにつながるので一石二鳥!お母さんの産後トレーニングとしてもぴったりなので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

トコちゃんベルトの青葉【公式】(@tocochan_aoba)がシェアした投稿

➀赤ちゃんの後頭部、膝の裏側を肘に乗せ、背中が丸くなるよう抱っこします。
②赤ちゃんの丸い姿勢を保ちつつ、お尻を突き出して椅子に座るイメージでスクワットします。

・膝がつま先より前に出ないようにしましょう
・無理のない範囲で行いましょう
・赤ちゃんの顔をみて、にっこり笑顔で😊

青葉オリジナルのベビー体操

赤ちゃんの発達におすすめの手足遊びをたくさん取り入れた体操です。楽しく体を動かしながら、緊張をほぐしてあげましょう。起きている時間に運動することで、心地良く疲れてよく眠ってくれます。

 

オンライン教室に参加してみよう!

青葉では、オンライン教室を実施しています。青葉認定のスタッフが動きを確認しながら進めるので、初めての方でも安心して参加できるオンライン教室です。
青葉のオンライン教室を2つご紹介します。


1つ目は、赤ちゃんに関する「トコちゃんのまるまるねんね教室」です。

赤ちゃんの抱っこや寝かせ方など、すぐに役立つ “まるまる育児”のコツをお伝えします!
おくるみ「おひなまき」の巻き方など、実習を交えた内容もあるので使い方などをしっかり学びたいという方にもおすすめです。

2つ目は、「骨盤ケア体操教室」です。
マタニティクラスと産後クラスに分かれているので「今の自分にぴったり」な体操を体験できます。マタニティクラスは、お産に向け安産を目指す妊婦さんに、産後クラスは、お腹やお尻まわりを引き締めたい方におすすめです。体に不調を感じている方もぜひ参加してください。「不調の感じにくい体」を目指し、体を整えて一緒にリラックスしませんか?

オンライン教室のスケジュールやお申込みは、こちら

実は産後6ヶ月くらいまでは骨盤がゆるんだ状態が続くといわれています。特に姿勢が崩れやすい抱っこや授乳のときは、骨盤のゆがみにつながることも。
“まるまる育児”と一緒に、トコちゃんベルトを使った“骨盤ケア”を続けることをおすすめします。

ご購入方法

今回紹介した“まるまる育児”におすすめのアイテムや骨盤ケア商品の「トコちゃんベルト」などは、下記サイトより購入いただけます!

トコちゃんドットコム(トコちゃんベルト 公式オンラインショップ) (tocochan.net)

青葉公式Instagram

この投稿をInstagramで見る

トコちゃんベルトの青葉【公式】(@tocochan_aoba)がシェアした投稿

青葉公式YouTube

青葉公式InstagramやYouTubeにて情報を発信中です。
ぜひフォロー&チャンネル登録して情報チェックしてください!

 

関連記事
トコちゃんベルトで骨盤ケアをはじめよう!
トコ活で健やかな体づくりを。3つの体操をご紹介!