ビューティー

コンディショナーとトリートメントの違い

こんにちは!私はこれまでコンディショナーとトリートメントの違いを特に気にすることなくヘアケア商品を使っていました。

だけどふと、違いとは何だろう?と気になり調べてみました!

皆さんもぜひヘアケア商品選びに役立ててみてください。

コンディショナーとは

主な役割:保護・コーティング
指通りを良くし、髪を外側から保護するもの

元々は静電気をおさえるものとして生まれたそうです。

ちなみに、コンディショナーに似たリンスとは、英語で「水洗・すすぐ・すすぎ」という意味があります。

役割としてはコンディショナーと同じですが、髪のうるおいを保つ目的を重視した保湿成分などがプラスされたものをコンディショナーと呼ぶようになったそうです。

トリートメントとは

主な役割:補修
髪の傷みをケア・補修・水分量などの質感をコントロールする効果
内側から髪を健康にする効果がある

 

このような違いがあるようです!

普段はシャンプーをしてからコンディショナーをしているが、髪が傷んでいると思った場合や、カーラ・パーマ後のお手入れはトリートメントに変えてみたり、両方合わせて使ってみると良いかもしれません。

 

違いの記載はしましたが、最近ではトリートメントとコンディショナーの機能を併せ持つものも増えてきているので、成分を確認し使ってみてくださいね!

トリートメントは髪の内部に浸透して髪の補修を行うのに対して、コンディショナーは髪の表面を整えるのが主な働きです。そのため使う手順は、トリートメント後にコンディショナーという順番になります。

 

また、最近ではヘアパックなども売られていますが、ヘアパックやヘアマスクも、ヘアトリートメントの一種で、より効果が高いものや、トリートメントよりも成分量や濃度が高いと言われています。

まとめ

コンディショナー(リンス)
⇒髪の表面をなめらかにするもの
キューティクルの傷みを防ぎパサつきを抑える効果

トリートメント⇒髪の内部に浸透させ補修する効果
髪の内部から髪を健康的にする

 

皆さん一緒に綺麗な髪を手に入れましょうね♪

 

ライター:来世はヨーグルト