おでかけ・旅行

西日本の水族館!面白プレートや9種のペンギンを見に行こう

前回の東日本編に引き続き、今回は西日本の個性的な水族館をご紹介します!
前回の「普通じゃ物足りない!全国の個性的な水族館特集~東日本版~」とあわせて、ぜひご覧ください!

手作りPOPに爆笑!「竹島水族館」愛知県蒲郡市

竹島水族館外観
photo by 写真AC

愛知県三河湾に面する蒲郡市にある「竹島水族館」は、サッカーコートの半分の大きさという、コンパクトながらもほのぼのとしたアットホームな水族館です。
小さくても、深海生物の展示種類数はNo.1!迫力満点のアシカショーや、癒し系で大人気の、めずらしいカピバラショーも開催されています。

竹島水族館カピバラ
photo by 写真AC

竹島水族館のおすすめは、なんといっても生き物たちの解説プレート!
難しい生物的な内容ではなく、小さなお子様から大人まで思わず笑ってしまうイラスト入りの手書きのPOPや、職歴?や性格、好きなエサなどの項目からなる、履歴書ならぬ”魚”歴書など、飼育員さんのセンスが光るものばかりです。
この手作り解説プレートはSNSでも話題になり、年々来場者数は右肩上がり!中でも魚歴書は人気を博し、なんと『へんなおさかな 竹島水族館の「魚歴書」』として、書籍化まで果たしています!

【Amazon】へんなおさかな 竹島水族館の「魚歴書」

【楽天市場】へんなおさかな 竹島水族館の「魚歴書」

さらに、生き物の展示についても、素通りされてしまう展示はすぐに改善され、逆に人気の生き物は小さな水槽から大きな水槽にランクアップするなど、常にお客さんの反応を伺って反映させているんだとか。そのおもてなし精神に脱帽です。

ユニークな展示・ショーの他にも、現地でしか購入できないというオリジナル土産や、大人500円というお財布にも優しい入場料…満足度は想像を上回ること間違いなし!

※感染症対策のため、夏休み期間は密回避でアシカショーおよびカピパラショーを中止しています。
公式ホームページにてご確認ください。

 

名称:竹島水族館
住所:〒443-0031 愛知県蒲郡市竹島町1-6
マップ:

アクセス方法:【電車】JR東海道本線、名鉄蒲郡線 「蒲郡」駅 南口より徒歩15分 または「蒲郡」駅 南口よりバスで約5分「竹島遊園」下車。
【自動車】周辺施設と共用で駐車場あり。水族館前駐車場 約40台(無料)、竹島園地駐車場 約200台(平日無料、4・5月は500円それ以外の月は300円)
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)、6月の第1週目の水曜日、12月31日 ※春休み・GW・夏休み・冬休み期間等は火曜日も開館。不明の場合は施設にお問合せ下さい
営業時間:9:00~17:00(最終入場16:30) ※夏のナイトアクアリウム(夜間延長開館)時は21:00まで
電話番号:0533-68-2059
料金:大人 500円、小・中学生 200円、小学生未満 無料
公式ホームページ:https://www.city.gamagori.lg.jp/site/takesui/

新感覚!生きているミュージアム「ニフレル」大阪府吹田市

ニフレル外観

2020年に5周年を迎えた「ニフレル」は、「感性にふれる」をコンセプトに水族館、動物園、美術館のジャンルを超えた”生きているミュージアム”です。こちらの水族館は、世界最大級の水族館として有名な、大阪天保山にある「海遊館」がプロデュースしているんです!(海遊館のご紹介記事は「大阪から日帰り旅行で行きたい10のスポット」をご覧ください)
海遊館が、ダイナミックな演出をするため大きな水槽メインであるのと対象に、ニフレルは海遊館でできないような、生き物が持つ多彩な個性をテーマ別にし、魅力を直感的にわかりやすく表現しているそう。こだわりを感じられる館内の美しい空間に心奪われます。

ニフレルでは、先述の生き物の個性が「いろ」「わざ」「およぎ」「WONDER MOMENTS」「かくれる」「みずべ」「うごき」「つながり」の8つのゾーンに分けられています。例えば「いろ」なら色鮮やかな魚たちを七色に変化する照明が包み込んでいたり、「わざ」なら水をとばす、砂に隠れる、環境に同化するなどの「わざ」を間近で観察できたり…それぞれのゾーン名にちなんだ演出がなされていて、一歩ずつ進んでいくごとに、世界がめくるめく変わっていくような感覚で満たされます。

ニフレルホワイトタイガー

1番人気は「みずべ」ゾーンのホワイトタイガー!世界に250頭ほどしかいない希少な動物も至近距離で見られます。

他にもニフレルならではのめずらしいポイントが。生き物たちの特徴や生態・豆知識を五・七・五の俳句にのせて説明した種名版が水槽に入っています。これは、メディアでお馴染みの俳人、夏井いつき先生が監修しています。五・七・五になっていることで、端的でわかりやすく、また覚えやすいので、明日にでも誰かに話したくなってしまうような面白さです!

ニフレルがあるのは、日本最大級の大型複合施設「EXPOCITY」。ショッピングセンターの「ららぽーと」や、エンタメ要素盛りだくさんの”ヤバすぎ”スポーツを集めた「VS PARK」、日本最大のeスポーツ体験施設「REDEE」など、ニフレルの他にも立ち寄りたいスポットが満載!1日遊び尽くしちゃいましょう!

 

名称:生きているミュージアム ニフレル
住所:〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル
マップ:

アクセス方法:大阪モノレール「万博記念公園駅」より徒歩2分
定休日:年中無休 ※状況により臨時休館する場合がございます
営業時間:平日10:00~18:00、土日9:30~19:00 ※最終入館は閉館の1時間前まで
電話番号:0570-022060(ナビダイヤル)
料金:大人(高校生/16歳以上)2,000円、こども(小・中学生)1,000円、幼児(3歳以上)600円、2歳以下無料
公式ホームページ:https://www.nifrel.jp/

個性溢れるペンギンたちを見に行こう!「長崎ペンギン水族館」長崎県長崎市

長崎ペンギン水族館
photo by 白すぎ海パンやろう

JR長崎駅からバスで約30分の「長崎ペンギン水族館」。
こちらの水族館は、名前の通りペンギンに特化した水族館です!
なんと、地球に生息するペンギン18種類のうち、半分である9種約170羽(キングペンギン、キタイワトビペンギン、ミナミイワトビペンギン、ジェンツーペンギン、ヒゲペンギン、マゼランペンギン、フンボルトペンギン、ケープペンギン、コガタペンギン)のペンギンたちが飼育されており、飼育・展示数は世界一です!ペンギン好きにはたまりません♪

入館してまず目に飛び込んでくるのは、「亜南極ペンギンプール」。深さ4m、水量約200tの国内最大級の大きさのプールです。気持ちよさそうにスイスイ泳ぐ姿はまるで空を飛んでいるかのようで、つい立ち止まって眺めてしまいます。

ペンギン水族館ビーチ
photo by 写真AC

館内で行われるイベントも必見。1F「温帯ペンギンゾーン」、2F「亜南極ペンギン室」では、「ペンギンのお食事タイム」としてペンギンたちが餌を食べるのを見ながら、飼育員さんがペンギンの特徴や行動の解説をしてくれます。
「ふれあいペンギンビーチ」では、世界初、自然の海でペンギンが泳ぎ回る姿やヨチヨチ歩く姿を見ることができたり、餌やり体験などもやっています。とってもキュートな光景に注目です!

※一部中止しているイベントがございます。公式ホームページにてご確認ください。

 

名称:長崎ペンギン水族館
住所:〒851-0121 長崎県長崎市宿町3番地16
マップ:

アクセス方法:【県営バス】JR「長崎」駅「長崎駅前南口」バス停より「網場・春日車庫前行き」乗車、「ペンギン水族館前」下車
【自動車】普通車:1時間200円、以後1時間毎に100円 ※水族館観覧のお客様は、総合案内にて観覧券と駐車券提示で、上限一律500円
定休日:年中無休
営業時間:9:00~17:00
電話番号:095-838-3131
料金:一般 520円、幼児・小中学生 310円、3歳未満 無料
公式ホームページ:https://penguin-aqua.jp/

お気に入りの水族館を見つけよう

水族館は基本的に屋内なので、夏の暑い日も冬の寒い日も気温関係なく楽しめますし、雨天時のおでかけにもぴったりです!1、2時間で回れるところもあり、旅行先での観光のついでに立ち寄れます。
水族館によってそれぞれ特徴やコンセプトが異なるので、あなたのお気に入りの1館が見つかるはず!

ライター:モリコロー