アニバーサリー

アイシングクッキーの作り方◎簡単&可愛く写真映え!

皆さんこんにちは!
まだまだコロナウイルスが心配な世の中ですね、、最近、家にいる時間が増えたことで自炊をする方が増えてきた印象があります。

そこで、家で手軽にスイーツづくりをしてみたいという方も増えてきているのではと思い!私バタ子が実際に作ったアイシングクッキーをご紹介します!

ちなみにアイシングクッキーとは、粉砂糖と卵白を混ぜたクリームを、クッキーやカップケーキにデコレーションしたもののことを言います。とても可愛くてSNS映えもするので、近年人気が出てきました!

アイシングクッキー
photo by カレーなるバタ子
もうすぐハロウィンということで、ハロウィンアイシングクッキーを作りました。
かぼちゃやおばけ、コウモリのクッキー型は、全て100円ショップで揃えました!

簡単!アイシングクッキーの作り方

まずはクッキーを焼き、冷めたら、アイシングをしていきます。
必要なものは以下になります。

必要なもの・材料

・卵白 大さじ1.5 (卵1~2個)
・粉砂糖 200g
・食紅(赤、黒、黄)
・クッキングシート、またはOPPシート

① コルネ作り

アイシングクッキー
photo by 写真AC

コルネとは、アイシングを注ぐ手作りの絞り袋のことで、三角形に切ったクッキングシートやOPPシートを巻き上げたものです。

1.クッキングシートまたはOPPシートを、小さめの三角形に切ります。
三角錐になるように丸め、コルネの先が広がらないように調整しながら巻きます。

2.巻き終わったら、飛び出しているクッキングシート、またはOPPシートを中に折りこむか、ホチキスで止めると安定感があります。今回は4つ作りましょう!

② アイシング作り

アイシングとは、粉砂糖や卵白を混ぜたクリーム状のもののことをいいます。

1. 卵白と砂糖をなめらかな状態になるまで混ぜます。

2. ハロウィンカラーですと、白、赤、黒、オレンジ(赤と黄色の食紅を徐々に混ぜていくとオレンジ色が作れます)の4つになるので、それぞれ違うお皿に分け、少量ずつ食紅を入れて混ぜましょう。

※食紅はほんの少量で色がつくので、入れすぎには要注意です!

※細かい文字を書く場合は少し乾燥させて、固めのアイシングにします。クッキー全体に塗るベースとなる色は、少し水を足してゆるいアイシングにするのがコツです!

3.色がついたアイシングをコルネに注げば、アイシングの準備は完了です。

4.コルネの先端を切ります。ベースとなる色(今回はオレンジと白)のコルネの先端は、アイシングが一度に多めに出るように切ります。
字や顔のパーツの色(今回は黒と赤)のコルネの先端は、ほんの少しだけ切り、細めのボールペンのような太さにします。

5.好きな模様を描いて、乾燥させると、アイシングクッキーの完成です!
※ベースとなる色は先に塗り、乾燥させてから文字や顔のパーツを描くと、色が混ざらずきれいな仕上がりになります。

簡単で可愛いアイシングクッキーを作ろう

アイシングクッキーって一見、難しそうに見えますよね、、でも案外簡単です!
粉砂糖と卵白と食紅を混ぜるだけでできてしまいます♪

アイシングクッキー
photo by カレーなるバタ子

こちらも最近バタ子が作ったアイシングクッキーです!

型は100円ショップで買いました。出来はまだまだですね、悔しいです涙
でも!アイシングをするだけでとても可愛くて映えなスイーツになりますよね♪

バタ子はまだ簡単な絵柄に挑戦している段階ですが、次はもっと細かい絵柄にチャレンジしようと思っています!

皆さんも、おうちでできる可愛くて簡単なスイーツ、アイシングクッキーをぜひ作ってみてください!

 

ライター:カレーなるバタ子