ウェディング

【結婚式の二次会】する?しない?開催するメリット

結婚式の日取りが決定したら、並行して二次会の準備が必要です。
「二次会はマストでしたい!」という方もいれば、コロナ禍の今、二次会に慎重な方、「そもそも二次会は必要?」などと意見が分かれるのが二次会です。

今回は、二次会を開催するメリットをご紹介します。

メリット

1 . 式に呼べなかった人を招待できる


せっかくの結婚式、たくさんの友人や同僚と一緒に時間を共有したいものですよね。
友人や同僚が多い方は、なかなか全員を招待することは難しいです。
また、神前式などの場合、親族のみしか参列できないなどの制約もあります。

その為、二次会は式に呼べなかった友人や同僚を招待することが可能です。
二次会は決まった形や制約はないので、立食型・着席型など好きなように新郎新婦が決めることができます。

友人や同僚が多い新郎新婦は、立食スタイルにしてより多くの方を招待することも魅力ですね♪

2.1人1人とゆっくり話す時間が確保できる

結婚式や披露宴では、なかなかゲストの方と話す時間が取りづらいです。
せっかく参列してくれた友人とあまり話すことなく終わってしまうのは悲しいですよね。
二次会は、1人1人とゆっくり話す時間が確保できる機会です!

3.友人を一度に紹介できる


二次会は披露宴とは違い、他の席の人とも交流できる機会です。
披露宴では、比較的繋がりのある方を同じテーブルに案内する方が多いです。
しかし、二次会では、新郎側・新婦側の友人が一度に集まり自由にお話しすることが可能です。

新郎・新婦がお互いの友人をパートナーに紹介するのはもちろん、ゲスト同士も輪を広げることができる素敵な機会です◎

まとめ

二次会は、新郎新婦にとってもゲストにとってもメリットがたくさんあります。
友人の協力は不可欠ですが、素敵な形で二次会の開催を検討してみてはいかがでしょうか。

(ライター:なんばん丼ちゃん)