おうち時間

映画・海外ドラマを使った英語勉強方法と3つのコツ

おうち時間が増えたことにより、趣味や習い事など新しくはじめた方も多いですよね。特に英語は海外へ行くことがあれば、必ず役に立つ非常に便利なツールです。

そんな英語の学び方で人気なのは、映画(洋画)や海外ドラマ鑑賞。しかし海外ドラマをただ流し見しているだけでは、英語学習には繋がらないのです。

そこで今回は、英語力を一気に上げるための勉強方法やコツをご紹介します。

映画・海外ドラマを使った英語学習方法を4ステップで紹介

実際に筆者が映画(洋画)・海外ドラマを使いながら、聞き取りの勉強をした際に利用したステップを4つに分けてご紹介します。

ステップ①日本語であらすじを読み込む

まずはどんな作品なのか把握するところからはじめましょう。勉強する上でも、見続けられる作品・面白そうな作品を選ぶことが大切です。

海外作品に慣れていないと、登場人物が全員同じ人に見えてしまう現象も起こるかもしれません。

キャラクターの把握に時間が取られないためにも、しっかり読んでおくのがおすすめ。

ステップ②1話~2話を英語音声・日本語字幕で見る

あらすじを読んだ上で、英語音声・日本語字幕で1話~2話鑑賞してみましょう。ここで「まあまあ聞き取れる」「頑張れば聞き取れる」レベルであれば、このままこの作品で英語学習を進めても問題ありません。

「頑張っても少ししか聞き取れない」「なにを言っているかまったくわからない」「ついていけない」レベルであれば、作品を変えましょう。

英語学習で海外ドラマを使うときに一番大切なのは、ある程度聞き取れること。最初からまったく聞き取れないようであえば、聞き続けてもなかなか上達しないため、ある程度聞き取れる作品を選んで勉強を進めるのがおすすめです。

英語学習におすすめな海外ドラマ5選と選び方・勉強方法

ステップ③問題なさそうなら英語字幕+英語音声で見る

問題なさそうであれば、そのまま日本語字幕から英語字幕に切り替えて鑑賞し続けましょう。

日本語字幕だとどうしても脳が日本語を読むことに集中してしまうため、英語の勉強になりません。ここで知っておくべき最低限の知識は、英語の文法は「S+V+O」ということ。

これだけ把握して英語字幕を読みながら英語音声を聞くことで、聞き取り力が上がります。

ステップ④気になるフレーズ・覚えたい単語、分からない単語があれば止めて検索する

気になるフレーズを見つけたり、なんて言ったのか知りたいと思ったりしたら、すぐに一時停止をして検索を掛けましょう。

少し巻き戻して英語字幕から日本語字幕に変えて確認するのもおすすめです。

海外ドラマは意訳しているケースが多いため、実生活で使えるフレーズや単語がたくさん学べます。

英語を映画・海外ドラマで勉強するときのコツ

気を抜くとストーリーが面白くて、見入ってしまいがちな映画(洋画)・海外ドラマ。ただ使い方によってはかなり幅広い英語学習が可能になります。3つのコツをご紹介します。

使えるフレーズは丸暗記する

気になるフレーズや使えそうなフレーズを発見したら、メモしておくことはステップ④でお伝えしました。メモしたそのフレーズは、すぐにでも丸暗記しましょう。

英語は一見別々の単語でも、フレーズにしてはじめて別の意味として成り立つということもあります。

単語一つひとつの意味を理解するより、そのフレーズを丸ごと覚える方が役立つこともしばしば。

どういうシチュエーションで使われているかも合わせて覚えておくのがおすすめです。

難しい発音・フレーズは音で覚える

英語は日本語にない音を持つ単語・フレーズがたくさんあります。そんなときは一つひとつの音を覚えるより、流れで覚えるのがベスト。

たとえば「about it」を「ァバウイッ」、「Let it go」を「レリゴー」など、「それっぽく聞こえる」音で覚えましょう。

人の記憶は文字で覚えるより、耳から覚えるほうが、記憶に残りやすいと言われているそう。何度も繰り替えしその音だけを聞いていくことで、早く覚えられます。

アウトプットの場で積極的に使ってみる

これまで4つのステップやコツを紹介してきましたが、英語を学ぶ上で一番大切なのがこのアウトプット。

テキストを解いて覚える英語よりも、映画(洋画)や海外ドラマで使われているシチュエーションを思い出しながら、覚えた単語やフレーズをアウトプットしましょう。

 

どの言語でも一番早く身に付くのは、どれだけアウトプット量があるかどうか。できればインプットよりもアウトプットが多いのが理想ですが、なかなか難しいですよね。

英語用のSNSを作ったり英語で日記を書いたり。一人でもできるアウトプット方法もありますので、上手に活用してみてください。

英語学習におすすめな海外ドラマ5選

海外ドラマを英語学習には向いている作品と向いていない作品があります。これまでたくさんの海外ドラマを視聴してきた筆者が、英語学習におすすめな海外ドラマを5選ご紹介します。

ちなみに下にいけばいくほど作品の英会話難易度が上がっていきます。

フルハウス/フラーハウス

Amazonプライム・ビデオで「フルハウス<ファースト・シーズン>(字幕版)」見る

Amazonプライム・ビデオで「フラーハウス<ファースト・シーズン>(字幕版)」を見る

1987年にスタートしたフルハウス。日本でもNHKで放送されていたこともあり、馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

母を亡くした父と娘3人、母の弟、父の親友が、サンフランシスコの家でひとつ屋根の下、暮らす様子をコメディに描いた作品です。

 

フルハウスの特徴は、メインキャストに小さい子供がいること。日本でもそうですが、小さい子に話しかけるときにはできるだけ分かりやすい優しい言葉を使いますよね。

英語でも同じくかなり優しい柔らかい簡単な言葉がたくさん登場するため、非常に分かりやすく英語初心者でもとっつきやすいのでおすすめです。

 

ちなみに1話20分程度で、「フルハウス」はシーズン7まで、3人の娘の成長後の話を続編として2016年に開始された「フラーハウス」はシーズン5までありますので、長く勉強できます。

フレンズ

Amazonプライム・ビデオで「フレンズ<ファースト・シーズン>(字幕版)」を見る

ニューヨーク・マンハッタンに住む6人の男女の日常をコメディに描いた大人気作品「フレンズ」。1994年~2004年まで放送されており、内容も非常に面白く世界中に根強いファンがいる作品です。

放送当時最先端のファッションや憧れの町ニューヨークが舞台となっていることから、すぐにでも使えそうなフレーズが多く登場するのが特徴的。

シーズンは10まであり、長く楽しめる作品です。

ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則

Amazonプライム・ビデオで「ビッグバン★セオリー<ファースト・シーズン>(字幕版)」を見る

2人合わせてIQ360、博士号まで取得するほど頭は良いけれど、ちょっとズレてるオタクコンビ。二人がルームシェアする向かいの部屋に、美女が引越してきてから始まるコメディ作品です。

 

これまで紹介した作品よりも話すスピードが少し早いのと、劇中に出てくる話題はアメコミなどの洋画が多いので、聞き取りが少し慣れている方向け。

何度も高視聴率を叩き出している超人気ドラマで、これまでドラマ界のアカデミー賞と呼ばれるエミー賞に何度もノミネートされています。

 

非常に面白い作品なので、勉強そっちのけでストーリーを追わないよう、気を付けてくださいね。

ワンス・アポン・ア・タイム

Amazonプライム・ビデオで「ワンス・アポン・ア・タイム (字幕版)」を見る

「シンデレラ」や「美女と野獣」など、ディズニー作品を前世に持つ不思議な街で繰り広げられるファンタジー作品。「アナと雪の女王」「ラプンツェル」「アラジン」など、作品の垣根を越えて協力し合いながら、さまざまなトラブルを乗り越えていきます。

 

シーズンが進むに連れ話が複雑になっていく上に、登場人物にオーストラリアやイギリスなど英語の訛りのあるキャラクターもいるので中級者向け。

ただ「次はどのキャラが出てくるんだろう」とワクワクしながら見続けられるので、ディズニー好きには特におすすめの作品です。

glee/グリー

Amazonプライム・ビデオで「glee/グリー シーズン1 (字幕版)」を見る

アメリカ・オハイオ州にある高校が舞台。歌とダンスで競う合唱コンクールで全米優勝を狙う学生たちの物語です。

話の展開が非常にスピーディーで早口ですが、内容はかなり面白いので中級〜上級レベルの方におすすめ。

 

作品内では当時アメリカで大ヒットした曲を合唱とダンスでアレンジ、もしくはこの作品で使用された楽曲が大ヒットすることがよくあることから、音楽好きな人にぴったりです。

ストーリーもいじめやLBGTQ、夢を追うことの難しさや挫折などが描かれているため、非常に勉強になります。

英語学習におすすめしない海外ドラマ

海外ドラマには英語学習に向いていない作品もあります。大人気だけれどあまり向いていないな……と思う海外ドラマを5選ご紹介します。

SUITS/スーツ

Amazonプライム・ビデオで「SUITS/スーツ シーズン1 (字幕版)」を見る

天才的な頭脳を持ちながら「司法試験の替え玉」でお金を稼ぐマイク。悪友に頼まれ運び人にされてしまうが、逃げ込んだ先に出会った敏腕弁護士ハーヴィーに見抜かれ、学歴を詐称しながら弁護士として働くこととなり……。

 

日本でも織田裕二さん主演でリメイクされた、アメリカの大人気法律ドラマ「SUITS/スーツ」ですが、法律事務所が舞台のため専門的な用語が多く飛び交います。

そのうえ頭が切れるキャラクターばかりなので会話はものすごく早く、返し方もスタイリッシュ&おしゃれで今風。

 

ストーリーとして作品を楽しみつつ、少しレベルの高い会話がしたいなと思った方は、使われているフレーズを抜き取って勉強するのが良いでしょう。

THE FLASH/フラッシュ、SUPER GIRL/スーパーガール、エージェント・オブ・シールド

Amazonプライム・ビデオで「The Flash/フラッシュ<ファースト・シーズン>(字幕版)」を見る

Amazonプライム・ビデオで「SUPERGIRL/スーパーガール<ファースト・シーズン>(字幕版)」を見る

Amazonプライム・ビデオで「エージェント・オブ・シールド シーズン 1 (字幕版)」を見る

THE FLASH/フラッシュ、SUPER GIRL/スーパーガール、エージェント・オブ・シールドなど、ヒーロー系の作品はとにかくアクションシーンが多く、音も大きいので英語の勉強にはあまり向いていないかも。

 

ちなみにTHE FLASH/フラッシュとSUPER GIRL/スーパーガールはスーパーマンやバットマンの仲間でワーナーブラザーズという会社が作っています。

一方、エージェント・オブ・シールドはアイアンマンやスパイダーマンなどのアベンジャーズが描かれるマーベル社の作品で、アベンジャーズと同じ世界の話です。

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪

Amazonプライム・ビデオで「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン1 (字幕版)」を見る

犯罪心理を知り尽くしたプロフェッショナルたちが、プロファイリングを使って異常犯罪に立ち向かうクリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪。シーズン15まで制作された大ヒット犯罪ドラマです。

基本的に一話完結でスピーディーな展開のため、非常に魅力的なストーリーが多いですが、内容が犯罪系及び専門用語がガンガン飛び交うので、残念ながら英語学習には向いていません。

英語学習に向いている海外ドラマの選び方

英語学習で海外ドラマを使うときに一番気を付けなければいけないことは、英語学習に適した作品を選ぶことです。

今回は選ぶときに気を付けたいポイントを3つご紹介します。

医療系・犯罪系の作品は避ける

日本のドラマでもそうですが、医療系・犯罪系はとにかく作品内に専門用語がたくさん出てくるため、どんなに話が面白くても英語の勉強には向いていないことがあります。

ただし医療系・犯罪系のドラマは大人気作が多いので、作品として楽しむのには非常におすすめです。

子供が出ている・子供も楽しめる作品を選ぶ

先ほど紹介した「フルハウス」「フラーハウス」以外にも、ディズニー作品など子供が出ている・子供でも楽しめる作品では、きれいな言葉・わかりやすい言葉を選んで使用されていることが多いです。

そのため英語初心者でなかなか聞き取れない、難しいと悩む方はぜひそういった作品を選んでみてください。

日常や学生生活が描かれる作品を選ぶ

日常や学生生活が描かれる作品は、友達同士での会話がストーリーのメインとなっているため、カジュアルな日常会話で使える単語やフレーズが多く出てきます。

高校が舞台の作品は大人が見ても面白いものが多いので、避けずにぜひ鑑賞してみてください。

映画・海外ドラマで耳を慣らそう

映画(洋画)や海外ドラマで使われる英語は、かなり自然な単語やフレーズ・スピード。これに慣れてしまえば実際に英語を使うシチュエーションに遭遇しても怖くありません。

とはいえ、このご時世で英語のアウトプット先を外で探すのは難しいですよね。おうち時間で映画(洋画)や海外ドラマで耳を慣らしつつ、SNSなどを駆使しながら英語を使っていきましょう。