ハネムーン

スパ王国のバリ 施術前に基礎情報を知ろう!

バリ島といえば…スパ!といったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

私もそうです。バリニーズスパという言葉もあるほど、バリ島とスパの繋がりは深く、歴史もあります。

今回は難しい歴史はいったん置いといて、スパの基礎情報をまとめました。

また持ち物リストや気を付けたほうがいいことなども書いていますので、施術を受ける際の参考になればうれしいです。

バリでのスパの種類


photo by 写真AC

バリニーズマッサージ

古くからバリ島に伝わる伝統的なマッサージ。マッサージオイルを付けた指や手のひらをリンパの流れや筋肉に沿って圧を加えながら滑らせていくマッサージ方法です。

本来は民間医療の1つとして発達したため、かなり強い圧力で痛みを伴うものでしたが、現在はリラクゼーション効果の高い心地よい刺激のマッサージになっています。

アロマオイルマッサージ

人が持つ感覚の中で、癒しに密接な関係がある「香り」を利用し、アロマテラピー技術を基にしたマッサージ。

効能によって異なるアロマオイルをブレンドし、肉体的はもちろん精神的にも効果が期待されます。

筋肉に働きかけるマッサージではなく、癒しやストレス軽減を目的とした優しいマッサージですので、筋肉をほぐしたいという方は他のマッサージをおすすめします。

タイ式マッサージ

タイに古くから伝わる伝統的なマッサージ。マッサージで筋肉をほぐし、ストレッチやヨガで筋肉をのばし、体のゆがみを矯正します。

施術中は徐々に体が慣れてきて呼吸も深く長くなり、とてもリラックスできます。

タイ式マッサージは、オイルを使わず衣類を着たままマッサージされるので、裸になったりオイルを使用したりすることに抵抗がある方にもおすすめです。

スウェーデン式マッサージ

1800年代に考案されたオイルマッサージの原点とも言われ、世界で最も広く親しまれているマッサージの1つです。下記3つの独特な動きを用いて筋肉をストレッチするような動きが特徴です。

  • エフロラージ:指を広げ手を大きく開き、腰や背中をゆっくりとさする動き
  • ベトリサージ:両手の手根部を交互に動かし筋肉を解す動き
  • フリクション:両手の指先を広げ、円を描くように筋肉を解す動き

本場のスウェーデンでは、日常的に用いられているそうです。

フットリフレクソロジー

指で足裏に点在するツボを丁寧に刺激し、全身の血液循環を促進するマッサージ。

疲労回復に効果があるため、フライト後や街歩きの後にもおすすめです。

シロダーラ


photo by 写真AC

5000年の歴史を持つインドの予防医学アーユルヴェーダの最も人気のある施術です。

「第3の目」と言われる眉間の上に、体温より少し高いオイルを垂らし続ける施術方法で、中枢神経系が深くリラックスされます。

オイルによって毒素を排出し、疲労回復、本来その人のもつ健康や免疫力アップが期待されます。

アビアンガマッサージ

アーユルヴェーダの浄化療法の1つ。患者の体質(ドーシャ)にあわせたオイルが、不調の原因となる未消化物(アーマ)や毒素を取り除いてくれます。

こちらも深いマッサージ効果が期待されます。

 

ここまでは有名なマッサージをご紹介してきました。マッサージ以外にも、バリ島ならではのボディトリートメントやヘッドマッサージもあるってご存じですか??

ジャワニーズルルール

インドネシアを代表するボディスクラブ。インドネシアの王室に伝わる婚礼前に王妃が行っていたとされる伝統的なお手入れだったそうです。

米粉やターメリックなど天然素材のみのスクラブを使用するのが特徴で、古くなった角質をとりお肌をツルツルにします。

バリニーズボレー

バリ島に古くから伝わるボディスクラブ。お肌のお手入れを目的とするルールとは異なり、健康促進や病気の治療が目的とされています。

ハーブやスパイスをペースト状にし、身体に直接塗ることで身体の芯からポカポカと温めます。

慢性的な冷え性解消、デトックス効果を求める方におすすめです。

クリームバス

インドネシア特有の頭皮マッサージ&ヘアエステです。栄養満点なクリームを髪の毛に染み込ませ、ヘアケアをしながら頭皮マッサージを行い、血行促進と疲労回復を促します。

クリームの素材によって効能が異なるため、自分好みを見つけて試してみてくださいね。

 

上記のように様々な特徴を持つスパ。イメージをするだけでスパを受けたくなっていまいますよね。してみたいけど、スパを受けたことがなくてどんな準備をしたらいいの?と思う方もいらっしゃると思います。

そんな方のためにあるとより快適!持ち物リストや、施術の際に気を付けるポイントをご紹介します。

スパであるとより快適!持ち物リスト

・着替えの下着、洋服
・シャンプー
・メイク用品
・コンタクトケース
・水着

基本的には何も持っていかなくても大丈夫です。ヴィラ、ホテル内でのスパでは、施術着やシャンプーが用意されているところも多いですが、街中で格安に受けられる街スパには置いていないことも!

また、日頃から使っているシャンプーがいいという人も持参しましょう。

フェイスマッサージがコースに入っているスパでは、目元のマッサージも施される可能性があります。気になる方はコンタクトを外して施術を受けるといいでしょう◎

スパによっては、水着を指定されている場合があります。施術前に自分が受けるスパメニューを確認して、必要に応じて持参してくださいね。

バリのスパへ持ち込む貴重品は最低限で!


photo by 写真AC

ロッカーがあるスパもありますが、街スパではベッドの下に保管するというところも。せっかくスパの施術でリラックスできたのに、貴重品をなくし、気分が沈むのは嫌ですよね……。

チップの習慣はありませんが、気持ちの良い施術だった場合少額のチップを渡すと喜ばれます。そのための少額現金程度だけを持っていき、その他は置いていきましょう。

スパの前の飲酒は控えて

スパを受けると血行が促進されるため、アルコール摂取は非常に危険です。店舗によっては、過度に飲酒しているとセラピー自体拒否される場合もあるようです……。

バリ島でスパを体験しよう

バリ島では、ご紹介したスパ以外にも多種多様なスパを受けられます。内容だけでなくホテルスパ、街スパで内容が似ていても料金が大きく違うことも。それぞれの良さがあるので、その時のご自身の気分やご予算に合わせて選択してみてくださいね。

またスパをオプショナルツアーでお手配する場合、宿泊先からスパまでの送迎付きであったり、カップルルームが確約されていたりする場合もあるので確認してみてください!